トイレのトラブル

Toilet

ちょっとしたトイレトラブルで大変なことになりました

私自身、現在トイレの販売会社に勤めているので、他の人に比べてトイレトラブルのことは、よく知っているつもりでいたが昨年そのトイレトラブルで大失敗をしてしまいました。 実家で一人住まいしていた母が骨折で入院したために、母の身の回りの物の整理で実家に行きました。その用事も終わり実家を出ようとしたとき、ちょと尿意を感じたのでトイレを借りて、当然のごとく水を流しました。それが悲劇の始まりだったのです。 その後しばらく実家は無人になるので、電気の元のスイッチも切り、実家を後にしました。 それから2ヶ月近くして、久々に実家に訪れたら郵便受けに多くの手紙や請求書のたぐいが入っていましたが、その中の水道料金の請求書を見て私は驚きました。なんと請求料金が20万を超えていたのです。

水道代が20万円だって

慌てて実家に入ると、どこからか水の流れる音。 そう前に最後に使ったトイレの水がなぜか止まらなくなってい待っていて、ずっと流れていたのです。 早速トイレトラブルに対応してくれる業者を探して電話をかけました。 おかげで水は止まりましたが、流れた水はもう戻りません。結局水道局に泣く泣く20万を払うことになりました。 私のようなことは、特殊なことですが、トイレトラブルが原因で水漏れを起こし、マンションの下の部屋から損害賠償請求があった話などは実際によく聞きます。 そのために普段からトイレや水回りのトラブルが起こっていないかをよく注意することはとても大事なことだと思いました。 最近はトイレトラブルや水回りのトラブルをすぐに解決してくれる業者も多くなってきているので、その連絡場所を常に目に付くところに張っておくことも重要だと思います。